×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

闇金問題は必ず解決できます。一人で悩まないで、まずは相談しましょう。

闇金の手口

闇金は手を変え品を変え違法な貸し付けを続けています。
典型的な手口から最新の手口まで、あらかじめ知っておくと被害にあう可能性が減ります。

■登録詐称業者
架空の登録業者番号を使う業者、または他の大企業や金融機関の名称を名乗る業者。
「アプラス」「イオンクレジット」「東芝ファイナンス」など、いかにもありそうな名前を使う。

■090金融
店舗や事業所を持たず、携帯電話の番号のみで営業する金融業者。
日本では固定電話を持たない貸金業は違法。090以外の番号の場合もあるので注意。
道路脇のガードレールや駐車場にとまっている車に広告を貼りつけて申込者を募る方法をとることが多い。

■ソフト闇金
ソフト闇金とは簡単に言えば「怖くない闇金」のこと。闇金のような異常金利でもなく、闇金のような取立の怖さもありません。
つまり一般的な消費者金融と唯一違うのはその金利が貸金業規制法で設定されている上限金利よりも高いということのみです。

■システム金融
一人の債務者に複数の金融業者がグルになって次々に貸し付けや紹介料の請求をおこなう。
最初に金融業者Aが債務者に融資をし、返済が苦しくなる頃に金融業者Bが勧誘し融資をする。
そして次々に別の業者があらわれ借金が膨らんでいく。
システム金融業者は最初からグルである場合が多い。資金調達に苦しむ中小企業が主なターゲット。

■架空請求
使用していないサービスの使用料を請求。
債権回収業者を名乗ることもある。身に覚えのない請求は基本的には無視するのがよい。
ただし、簡易裁判所からの「呼出状」が来た場合は無視してはいけません。

■換金屋(買取屋)
クレジットカードで買った換金性の高い商品を金融業者が安く買い取る「商品買い取り型」と、安い商品をカードで高く買わせ差額を現金で渡す「キャッシュバック方式」がある。
どちらも一時的に現金を手にしたような錯覚に陥るが、あとでカード会社から請求が来て困ることになる。
最近は「クレジットカードの現金化」という言葉で宣伝している。
適法という業者もいるが、関係省庁は違法性を指摘、警察も出資法違反との見解を示している。

■整理屋
借金整理の専門家を装って手付金や返済金の名目でお金をだましとる。
「あなたの借金を整理します」といった広告を出すことが多い。
実際に借金の整理をしてくれることはなく、多額のお金を取られた上に借金も解決しません。

■年金担保金融
年金証書、印鑑、通帳などを担保に貸し付けをする。
年金証書や預金通帳、キャッシュカードなどを担保にお金を貸すことは違法。
年金だけでなく障害者年金生活保護もターゲットにされることがある。

■融資詐欺(貸します詐欺)
お金を貸すと言っておきながら、保証金の名目で振り込みを要求。
最初は気前よく貸すと言っておきながら、あとから「やはり信用に欠けるため」と保証金を要求したり、別の金融業者を紹介されたりする。
もちろんその業者も闇金。

■押し貸し
勝手に人の銀行口座に振り込みをして、後から法外な利息を請求。
振り込みに気づかず使ってしまう人もおり、後ろめたさから支払うケースもあるが、支払い義務はないので注意。
このように、闇金にはさまざまな手口があります。
その方法や形態は時代の変化とともに変わるので、常に最新情報をチェックするようにしてください。

ヤミ金解決のエストリーガルオフィス
あなたの状況に合った対策方法を提案し、一緒に解決を目指します!
エストリーガルオフィスの特徴
・費用分割払い可能
・相談無料24時間受付
・解決後のサポートも充実
←こちらから相談!!!
ページトップへ戻る